本文へ移動
雲昌寺
〒252-0813
神奈川県藤沢市亀井野1457
TEL.0466-81-1060
 
0
0
7
8
1
6

お寺の歴史

本堂

本堂
相摸國風土記稿によれば当山は、建保年間(1213年~1219年)に鎌倉幕府二代執権 北条義時が唐より帰朝後、藤沢今田村の地に建立した瑞龍寺を起源とします。
 
慶長元年(1596年)7月水害で罹災した後、鎌倉市植木の龍宝寺四世玖山宗順和尚を開山に迎え、現在地亀井野に移り寺号を曹洞宗光輝山雲昌寺と改めました。
 
関東大震災で倒壊した後に、再建した本堂を昭和61年に増改築し、現在に至っています。

鐘楼堂

戦争で供出された鐘の音をもう一度亀井野の地にということで、富山県高岡市の老子製作所に発注し、昭和58年10月に火入れ式を行い、昭和60年に鐘楼堂が完成しました。
鐘は、総高さ1m76cm、総重量1,125Kg(300貫)です。
 
鐘は、平日の午前6時30分と、12月31日の除夜祭で撞かれており、その音色が地域の皆様に親しまれています。

位牌堂

 それまでは本堂の一部の場所を占めていましたが、平成13年に位牌堂として本堂の裏手に完成しました。
 
 

北条義時の供養塔

北条義時 供養塔
歴代住職の墓地の一角に開基・北条義時「光輝院殿瑞龍道西庵主」の供養塔があります

山門

四脚門

地蔵尊像

 いまは写真のみ

写真

相模の国準四国88箇所の札所でもあります。
 
大師像の46番(圓行山青雲寺)と66番の二体が共に安置されています。
 
風土記稿によれば、青雲寺は青雲寺末寺と記されており、江戸時代の雲昌寺過去帳にも記載されています。

幕府の預り状

 慶安元年(1648年)、徳川幕府より寺領九石を賜る。
           覚
御朱印頂戴之寺社之輩不依寺社領之多少、
境内計之
御朱印雖為所持、不残今度
御朱印可被下旨被仰出候条、面々
 領分井支配所二有之寺社之輩、
御朱印に写を差添、今年五月より
七月迄之内、江戸江到持参、安藤
右京進・松平備前守所江相達候
様可被触候、以上、  

卯三月(一六五一)

秀吉朱印

制札

  相模国

  禁制    今田

        亀井野二ヶ所

一 軍勢甲乙人等 濫妨狼藉の事、

一 放火の事、

一 寺家門前の輩に対し、非分の儀申し懸くる事、

右の条々、堅く停止せしめおわんぬ。もし違犯の輩においては、忽ち厳科に処せられるべき者なり。

天正十八年四月日○ 秀吉朱印

TOPへ戻る